Pupa Jim

You are currently browsing articles tagged Pupa Jim.

フランスのSTAND HIGH PATROLNEW ALBUM「A MATTER OF SCALE」が1/19にリリースされます。

リリースの度に期待を上回る彼らの作品は、音源はもちろんアートワークも素晴らしいです。

A MATTER OF SCALE

先駆けて本日「SLEEP ON IT」ミュージック・ヴィデオが公開となりました。 Read More ....


Tags: , , , , , ,

Camping

いよいよ今回でRototom Sunsplash 2014のリポートは最後になります。

今年は初めて会場内で寝泊まりをしました。
キャンプ場の奧にスーパーがあるので、ほぼ毎日このキャンプ場に足を運んだ。

IMG_2931     Read More ....


Tags: , , , , , , , , ,

前回の更新から少し日にちが空きましたが、Rototom Sunsplashのレポートの後編です。

Main Stageが夜中の2時過ぎには終わり、そこから様々なエリアに移動します。最も人が多く居た場所は”Dub Station” ここはフランスのBlackboard Jungleのシステムが四方を包囲している場所で、爆音の中お客さんが朝迄とても盛り上がっていました。

写真 (15)  (Dub Station Gate)

IMG_0876     (Dub Station 内)

IMG_0835            (Blackboard Jungle Sound System)

“Dancehall Stage” や”Show Case Stage”など様々なサウンド・プレイやショーなどが行われいて、ここで紹介するには数が多すぎるので下記にスケジュールを載せましたのでチェックしてみて下さい。

IMG_0161  (Show Case Stage)

会場のInfo Pointで毎日発行されるTime Tableです。残念ながら初日の分は手に入れることができませんでした。

(画像を2回クリックすれば大きくなります。)

18日

14871488

19日

14891490

20日

14911492

21日

14931494

22日

14951496

23日

14971498

24日

14991500

 

会場Map

1486

 

その他サウンド・システムでは、去年は無かった場所にフランスのサンウンドでLegal Shot がスピーカーを出していた。そこでは朝方にLegal ShotとFire HouseのJGが白熱のTune Fi Tuneを展開していて、JamaicaのClashのTune Fi Tuneとはまた違った感じが新鮮だった。僕らのブースのすぐ側に設置されていたシステムがベネズエラのKing Lion Sound System!このブースの選曲はRoots中心。Box三発ですがかなりパワフルな音がなっていて、スピーカーのペイントもいけてました。

IMG_0865   (Legal Shot Sound System)

写真 (13)    (King Lion Sound System)

今回は自分たちのブースに居る時間が多く昨年ほど観てまわる事はできなかったですが、新しい出会いもありとても貴重な経験をさせてもらいました。皆さんもチャンスがあれば、是非一度いってみて下さい。

最後に今回レコードを委託で預けて頂いたレーベル様やバンドの方々の協力と、現地で色々と手伝ってくれたブレジンたちがいなければ上手くいかなかったと思います。本当にありがとうございます。

Big Up All Rototom Stuff  &  Congratulation 20th anniversary!!

P.S. 会場で販売したCorner Stone Musicオリジナル手ぬぐいもWebに載せてますので、チェックしてみて下さい。

Corner Stone Music [ オリジナル 日本手ぬぐい ] (Goods)

http://cornerstone.shop-pro.jp/?pid=63959213

63959213

 

 


Tags: , , , , , , ,

5/18(土)間もなく大阪にやって来るMungo’s Hi Fi。彼らのプロダクションで私Neko Massive/Ruv Bytesが特にお気に入りな曲をご紹介。

5111

Phokus, Mr Boogie, TKR- Big Up

トラックだけでこれだけ盛り上がれる曲って、なかなかない、と思うほどお気に入り。後半までグイグイ行く感じと、ヘンテコな雰囲気が素晴らしい。

Read More ....


Tags: , , , , , , , , , ,

5/18(土)「MUNGO’S HI FI in OSAKA」詳細情報をお伝えします。

ヨーロッパ・レゲエ/ベースミュージックの最先端「マンゴズ・ハイファイ」が大阪にやって来る!!
今回は彼らのレーベル、SCOTCH BONNET/SCRUB A DUBの最重要人物 Tom Tattersallが来日。


Free Download!! MUNGO’S HI FI PROMO MIXはこのページ一番下にございます。


Mungo's Hi Fi in Osaka 2013-5-18 Sat at Cell Mungo's Hi Fi in Osaka 2013-5-18 Sat at Cell

Corner Stone Music presents
[ Mungo’s Hi Fi in OSAKA ]
with Touch The Sky Sound System

[日時]

2013年5月18日(土)
Open 10PM〜

[会場]

CELL (セル)
大阪市中央区南船場1丁目16-2 ふぁみーゆ南船場B1
TEL: 06-6261-6177
地下鉄堺筋/長堀鶴見緑地線 長堀橋駅①番出口から堺筋を北へ。3本目の通りを右折。1つ目の角の右側。
http://cellcomplex.com/map.html

CELL 大阪市中央区南船場1丁目16-2 ふぁみーゆ南船場B1 TEL: 06-6261-6177 地下鉄堺筋/長堀鶴見緑地線 長堀橋駅①番出口から堺筋を北へ。3本目の通りを右折。1つ目の角の南側。

会場の写真地図を作成しました。こちら。


[出演]

Special Guest:
Tom Tattersal (MUNGO’S HI FI from Scotland)

Guest:
Part2 Style Sound (FUTURE RAGGA from Tokyo)

Sound System:
Touch The Sky Sound System

Live:
Ruv Bytes (Neko Massive)

DJs:
Tsuyoshi
Regal I Wah
Crush(Judgment Sound Station)
High-C(Corner Stone Music/Touch The Sky)

Food:
Skavoovie(ジャークチキン)
Simba Curry(カレー)


[チケット]

前売り 2000円 当日 2500円
#ドリンク代は別途必要となります。


[前売りチケット: メール予約] 

前売りの予約受付は終了致しました。

予約済みのお客様へ:
イベント当日、会場入り口にてお名前、人数を係の者にお伝え下さい。


[前売りチケット: 取り扱い店]

以下の各店、店頭でもご購入いただけます。

-レコード店-
Rockers Island
06-6537-6233
Drum&Bass Records 06-6634-4141
Newtone Records 06-6281-0403
Super Star Records 0724-69-5878

-飲食店-
Cafe&Curry Buttah 06-6241-5273
Skavoovie 090-9092-1945
Simba Curry 080-3914-2136
Reggae Bar I 0725-23-7735


– Mungo’s Hi FI(マンゴズ・ハイファイ)-

Tom_TattersallMungo’s Hi FI(マンゴズ・ハイファイ)は、スコットランドのグラスゴーを拠点に活動する、ヨーロッパ・レゲエ/ベースミュージック・シーンの中核を担う最強のプロダクション/サウンドシステム軍団である。数々のビッグ・フェスに名を連ねる彼ら。クロアチアで行われる世界最高峰ベース・ミュージックの祭典、OUTLOOK FESTIVALでは自らのサウンド・システムを使用した”Mungo’s Area”を運営し、同フェスで一番の人気を集めている。

90年代UKダブ・シーンに衝撃を与えたレーベル「DUBHEAD」から2002年にファースト・アルバムをリリース。その後、自身のレーベルである「SCOTCH BONNET」(2005年〜)「SCRUB A DUB」(2009年〜)を立ち上げ数々のヒット・シングル/リミックスをリリース。2012年にはSugar MinottやSoom T、Charlie Pなどが参加したセカンド・アルバム「Forword Ever」をリリース。このアルバムは、スコットランドのグラミー祭とも言える「Scottish Album Of the Year 2012」にノミネートされ、ジャンルを超えた評価を得ることとなる。同年、UKの4都市で開催されたベース・ミュージックの異種格闘技マッチ、「レッドブル・カルチャー・クラッシュ」では強豪ぞろいの中、バーミンガムとグラスゴーの2都市で見事勝利を収めている。

今回はMungo’sの音楽製作における最重要人物、Tom Tattersallが来日。Mungo’sからのリリースのうち、実に90%以上が彼によるプロデュースである。ヨーロッパのレゲエ/ベース・ミュージック・シーンにおける最先端のサウンドを作り出す彼のプレイを絶対に聴き逃すな!!

http://www.youtube.com/watch?v=vWoj_2X5chY

– Part2Style Sound –

p2s_photo国内のみならず海外のシーンにも影響を与え続ける最先端なスタイルは正にフューチャー・ラガ!! それが 「Part2Style Sound」!!! ダンスホール・レゲエのサウンドシステム・スタイルを軸に、ジャングル、ダブ、ダブステップ等を織り交ぜ ベース・ミュージック全般を幅広くプレイ。独自のセンスでチョイスし録られたスペシャル・ダブプレートや、 また、それらのチューンを用いたリミックス、マッシュアップと、常にアップデートされ続けるプレイも特徴のひとつである。 2011年よりは、活動の拠点を海外にひろげ、ヨーロッパにおける数々の最重要ダンスはもちろん、世界最大のベース・ミュージック・フェス 「Outlook Festival」やヨーロッパのレゲエ・フェスで1位2位を争う「Rototom Sunsplash」、「Uprising Reggae Festival」等ビッグ・フェスティバルでの活躍により、ヨーロッパ・レゲエ・シーンで最も注目をあびる存在のひとつとなっている。

「Jahtari」、 「Maffi」、「Dread Squad」 などヨーロッパ・レーベルからのリリースに続き、2012年秋に自身にて立ち上げた新レーベル 「Future Ragga」 の楽曲は、ヨーロッパ各地で話題沸騰、数々のビッグ・サウンドによりヘビープレイされている。フランスのParty Time Radioでのレギュラー番組(日本時間毎月第2火曜5:30~)や、国内では毎月第2、第4月曜 21:30~23:00のSDM Radio(BLOCK.FM)も必聴!!

– Touch The Sky Sound System –

イベント当日の音響はTouch The Sky Sound Systemが担当。伝説のクラブ「STEREO」で毎夜爆音を轟かしていたのが、このサウンドシステム。Pupa Jim、Kenny Knots、Solo Banton、Maffi Boys、Firehouse Sound、Daddy Freddy、Chazbo、Mighty Massaなど多数のアーティストのライブに貢献してきた信頼のサウンド。今回のイベントに向けて、システム増強/リニューアルを目指しCrewが奔走 中。果たして間に合うのか!? 期待は高まる。


期間限定Free Download!! MUNGO’S HI FI PROMO MIX by Mal (Part2Style)

以下のバナーをクリックして下さい。Zipファイルはダウンロード、解凍後お手持ちのプレイヤーで再生。
MP3ファイルはストリーミング再生できますが、容量が大きいので再生まで少し時間がかかります。

mungos_mix_dl_zipmungos_mix_dl_mp3



Tags: , , , , , , , , , , , , ,

« Older entries